« 8.15 | トップページ | ご対面 »

2007/08/15

精霊流し

今回は[五島町(ごとうまち)]⇒[大波止(おおはと)]⇒[県庁坂(けんちょうざか)]⇒[興善町(こうぜんまち)]⇒[五島町]と行って来ました。
 
[五島町]電停交差点です。
見ても判る通り、大きな交差点にはたくさんの警察官が配置されています。それだけではなく、小さな交差点も含めほとんどに長崎県警総動員のような感じで配置されています。
 
Img_9202  
 
 
 
 
市北部から流れてきた船は長崎駅前からコチラ(車輌規制…バス・電車専用)へ誘導され、交差点を右折し海岸通りから大波止のドラゴンプロムナード横の“流し場”へ。
また市東部から馬町交差点⇒市役所前⇒興善町交差点と来た船もKTN(テレビ長崎)前を通り[五島町]電停交差点を直進し海岸通りに出ます。
 
後ろにはガソリンスタンドが見えてますが、精霊船が通る場所にあるスタンドは危険防止の為、概ね夕方16:00頃から閉店します。
 

次に[大波止]交差点に移動です。
有名な『文明堂 総本店』がある交差点です。
 
ここは[思案橋]⇒[浜の町]⇒[中央橋]⇒[県庁坂]⇒[大波止]交差点と続く精霊流しのメインストリートです。
 
Img_9211   
 
 
 
 
これは“船大工町(ふなだいくまち)”のもやい船です。
(場所は「県庁」⇒「大波止」の下り坂の途中にある「裁判所」前辺り)
 
今回は様々な船の中でも もやい船 を中心に紹介します。
次は「県庁」方向に上って行きます。
 
 
Img_9230  
 
 
 
 
 
出雲町(いずもまち)”のもやい船です。
この場所に照明が入っているのに気付かれたでしょうか?夕方のローカルニュースはもちろんですが、本日深夜に県庁坂の映像を中心に『精霊流し』の中継録画放送があるからです。解説には郷土史家の有名な先生が付いて、船の型式(?)や今年亡くなられた地元の著名人の船の解説をされます。(日曜に再放送も有り)
なので、県庁坂でもこの[中央橋]⇒[県庁]方向の上り坂がイチバン賑わいます。(担ぎ手も気合が入る)
 
 
Img_9238  
 
 
 
 
『おくんち』の出し物でもイチバン人気の“コッコデショ”を奉納する“樺島町(かばしままち)”のもやい船です。見た目の通り、コッコデショの形を真似ています。
爆竹も使わずコッコデショの唄で整然と流れて行く姿は勇壮です。
 
 
Img_9252  
 
 
 
 
長崎では有名な『中の屋旗店』の船です。三連でありその大きさは圧巻です。
 
 
 
Img_9259 
Img_9260_2 




変わり船としてはこのように小さいものもありました。
 
 
Img_9267 




伊藤一長』前長崎市長の船です。
船の後に続く参列者(遺族は船の前を歩きます)の多さは今年一番ではなかったでしょうか。
 
 
次に[県庁坂]⇒[興善町]交差点に向います。
 
Img_9274  
 
 
 
 
 
八幡町(やはたまち)”のもやい船です。
 
 
Img_9280  
 
 
 
 
 
伊良林一丁目”のもやい船です。
これが結構江戸時代からの伝統的な形に近かったと思います。(郷土史家弁)
わらを多用してあり、現代的な装飾は一切ありません。
 
 
あとはそのまま[KTN]⇒[五島町]公園方向に抜け帰って来ました。
(21:00過ぎには帰宅)
通りの大小に関わらず道路に散らかる爆竹や各種花火のゴミは半端ではありません。
(日本での爆竹の消費量のほとんどは長崎?らしい ^^;)

 
Img_9286  
 
 
 
 
 
流し終わった22:00頃からは待機していた市の清掃局(及び委託を受けた清掃業者)が道路の清掃に入ります。
翌朝には大きめの通りなら、大まかなゴミはきれいに片付いています。
(アスファルト舗装の目に入った爆竹一本一本のゴミは除く)
但し費用も数千万単位かかるみたいですが…(+o+)
 
さぁ、TVの中継チェックしなきゃ!

|

« 8.15 | トップページ | ご対面 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127003/16128339

この記事へのトラックバック一覧です: 精霊流し:

« 8.15 | トップページ | ご対面 »